2017年11月12日

回数増え 節約せねば チケット代

良く行く音楽のライブチケットは、5,000円~7,000円くらいです。
野球のチケットは球場や席種にもよりますが、同じ額を出すと良い席に座れます。
外野や外野寄りの内野は3,000円前後くらいなので、シーズン中は安い席で何度も行くことを考えます。
そしてさらに安いのが美術館や博物館など。
当日券でも1,600円ほどで、数百円しか変わらないと思い前売り券を買ったことがないのですが、足を運ぶ機会も増え、絶対に行くと決めているものは前売り券を買っておいた方が良いですね。
たかが300円。されど300円。
美術などにはあまり興味がありませんでしたが、観始めると楽しいですね。
知識もなく善し悪しも良くわかりませんが、心を静かに刺激されます。
でもこういう機会や時間を持てるということは、それだけでとても贅沢なこと。平和な証拠。

image
写真は日本シリーズの後のスタジアム。
何だか勇ましく感じました。


2017年11月11日

幻想的 光に惹かれ 良い出会い

上野公園で「TOKYO数奇フェス2017」なるものが開催されており、ライトアップされた作品が遠くからでも目を引きました。

寛永寺の山門から着想してという作品。
水面にも写り、幻想的でとても綺麗でした。
こんな美しい作品を見られツイていました。


2017年11月10日

時代超え 間近で前から 後ろから

各寺院や博物館に分散し門外不出も多い運慶の作品の約3分の2が集まる史上最大「運慶展」 に行ってきました。

これは東京国立博物館の本館。
ここではありません。

これは資料館。
ここでもありませんでした。
「運慶展」は平成館。

仏像はどれも生きていました。
魂が感じられ、今にも動き出しそうな迫力、そして安らぎがありました。
運慶の師匠でもあり父の康慶、息子・湛慶の作品も全て。
表情に惹き付けられずっと見ていたくなります。
仏像と目が合う瞬間もありました。
これが全て木を彫られ出来ているかと思うとどうにも不思議でなりませんでした。

今までは機会があっても寺院などで少し離れたところから見ていましたが、この展覧会では後ろ側から見ることもでき、ガラス越しではない作品も多く手を伸ばせば触れられる距離(勿論触れてはいけません)
そんな間近で見ることができ、800何十年もの時を超え同じ空気を吸うことができ感慨深く良い時間でした。






2017年11月09日

休む間なく 気持ちを新たに 再始動

日本シリーズを終え一軍選手の多くも秋季キャンプに合流。
私も合流したい…しかも行ったみたい奄美大島。
もちろんお預けですけどね(笑)

image
あれから約一週間。
何だかもっと前のような気がします。
彼らは来季に向け休む間もなくトレーニングを開始しています。
私も少しは身体を動かさないと。

image
早くまたこのコーヒーを飲みながら公式戦を観戦したいです。
春になったらきっとあっと言う間だったと思うのでしょうね。
Have a nice day!!



2017年11月08日

バインミー 新しいお店 見ーつけた

職場のそばにバインミーのお店ができていることを知りました。

バインミーとはベトナム風サンドイッチ。
早速テイクアウトしました。
フランスパンがパリッパリで美味しい~!
レバーペーストがもっとたっぷりは塗り込まれていると嬉しいですが贅沢は言えませんかね。
ベトナムコーヒーや生春巻きのセットにしました。
フォーもあるのでまた行ってみたいと思います。


Profile