2017年04月27日

似て非なる 菖蒲と書いて 何と読む

先日のお花見ランチではあやめも綺麗に咲いていました。
あやめは漢字で書くと「菖蒲」
しょうぶも漢字で書くと「菖蒲」
…ん? そういえば同じですね。

あやめと花菖蒲(はなしょうぶ)は似ていますが、「何れ菖蒲か杜若」(いずれあやめかかきつばた)というどちらも美しく優劣が付け難い意の慣用句があるようにあやめとかきつばたも似ています。
そしてまた調べてみました。

あやめも、花菖蒲も、かきつばたもアヤメ科アヤメ属。
アヤメ類の総称として花菖蒲やかきつばたをアヤメと呼ぶこともあるとか。

あやめは、花びらの根元に大きな網目模様があります。
「あみめ」から「あやめ」という名が付いた説と剣状の細い葉が縦に並んでいる様子が文目(あやめ)模様という説があるとか。
花菖蒲は花びらの根元に細長い黄色の模様があり、かきつばたは花びらの根元に細長い白い模様があります。

生育地を、あやめは乾地、花菖蒲は半乾湿地を、かきつばたは湿地を好みます。

葉が、あやめは細く葉脈もほとんど目立たず、花菖蒲は中央に白い葉脈がくっきり見え、かきつばたは花菖蒲に比べ幅広で葉脈が目立たないそうです。

背丈は、あやめが一番低く30~60cm、花菖蒲が一番高く80~100cm、かきつばたがその中間の50~70cm。

開花時期は、あやめが5月中旬、花菖蒲が5月下旬~6月の梅雨の時期、かきつばたは5月上旬だそうですが、あやめが既に咲いていましたのであくまで目安ですね。
花菖蒲は梅雨時に3日程しか咲かないそうです。

だいぶ見分けがつくように…なったかしら。

ついでに花言葉。
あやめは「良い便り」「メッセージ」「希望」
花菖蒲は「うれしい知らせ」「優しさ」「伝言」「心意気」「優しい心」「優雅」「あなたを信じる」
かきつばたが「幸せは必ずくる」「幸せはあなたのもの」「贈り物」

どれも優しく温かく、思わず笑顔になるような言葉ですね。

ちなみに花菖蒲(はなしょうぶ)はアヤメ科ですが、菖蒲(しょうぶ)はサトイモ科なので全くの別物。
黄緑色の目立たない花が咲き薬草としても用いられた菖蒲を昔は「あやめ」と呼んでいたそうです。
それで葉の形が似ている花菖蒲を「花あやめ」と呼んでいたとか。
あぁややこしい!

また、かきつばたは漢字にすると「杜若」「燕子花」 ですが、中国では「杜若」はツユクサ科のヤブミョウガ、「燕子花」 はキンポウゲ科ヒエンソウ属の植物という全く別のものを指すそうです。
あぁややこしい!

そして、英語ではアヤメ全般が「Iris」(アイリス)ですが、日本で「アイリス」と言うとあやめではなく「ダッチアイリス」や「ジャーマンアイリス」などの西洋種を指すようです。
あぁややこしい!

…でも楽しい(笑)


2017年04月26日

立てば藤 座れば牡丹 八重桜 ~後篇~

この日のお目当てはこれでした!
庭園の入口の「大輪の牡丹が咲きました」の案内に惹かれ。

数輪かと思っていましたが、こんなにたくさん咲いており思わず声を上げました。

顔を近付けると良い香りがしました。

満開の牡丹にはしゃぐ我々。

品種を調べてみましたが、やはりたくさんあり過ぎて分かりませんでした。

牡丹の花言葉は、「風格」「富貴」「恥じらい」「人見知り」
正に風格があり、富貴であります。
でも大輪なので、恥じらいや人見知りは…?(笑)

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
そんな女性とは縁遠いですが、同じボタン科ボタン属の芍薬と牡丹の違いは?と調べてみました。

まず葉が牡丹は艶がなく葉先が3つに分かれギザギザしています。
でもそうでないものもありました。
芍薬は艶があり全体的に丸みがありそうです。

蕾も牡丹は先が尖っていますが、芍薬は丸みがあるそうです。

牡丹は晩春に咲きますが、芍薬は初夏に咲きます。

散り方が牡丹は花びらが1枚ずつ、でも一気に散るのに対し、芍薬は花の頭ごと落ちるそうです。
椿は葉も落ちますが茎は残りますが、芍薬は葉も茎も枯れるそうです。

芍薬はバラのような香りがするのが特徴のようですが、牡丹も良い香りがしました。
よく耳にするピオニーの香りは芍薬のことですが、英語では牡丹も芍薬も「Peony」
区別の為か牡丹を「Tree peony」、芍薬を「Chinese peony」とも言うそうです。

牡丹は木本性(樹木)で、芍薬は草本性(草)で、牡丹は枝分かれし横に広がりますが、芍薬は枝分かれせずに縦に伸びるそうです。
だから散った後に牡丹は茎が残るのですね。

そしてその姿から「立てば芍薬、座れば牡丹」の言葉が生まれたのですね。





立てば藤 座れば牡丹 八重桜 ~前篇~

桜は散れどもお花見日和。
庭園でランチをしました。

満開前でしたが、藤棚が綺麗でした。

藤棚の下でランチをしました。

藤棚越しの青空も素敵。

フジは、マメ科フジ属。

花言葉は「優しさ」「歓迎」

庭園の入口にあるのは歓迎の意もあるのかしら。



青空に八重桜のピンクが映えます。
まるでブーケのよう!
ですが咲きすぎて花の重みで下がっていました。

八重桜の花言葉は「しとやか」
しとやかで満開の八重桜もとても綺麗でした。

そしてこの日のお目当ては、後篇へ。


2017年04月25日

見渡すと 良いものたくさん 溢れてる

昨日載せ切れなかった写真です。

ギャラリーで見付けました。
何だかとっても可愛いくて買っちゃいました。

釜で焼いたパンもありました。
青空と下で黄色がよく映えます。

紫と黄色のコントラストが素敵です。

見渡すと素敵な景色がたくさんある素敵な町でした。


2017年04月24日

芸術に 身体メンテに 食・温泉

高尾駅から2駅先の藤野駅からバスで8分程の所にある「ふじのアート・ヴィレッジ」に行きました。

猫ちゃんがお出迎え~。

本日のメインは、このログハウスのサロン。
東洋医学と西洋医学を組み合わせたメディカル・エステなるもので、身体や頭蓋骨の矯正をし自然治癒力を高める施術。
走ることをやめ治療してもリハビリを重ねても脚が良くならないのは、根本的な身体の歪みのせいではないかと思い受けてみようと思いました。
ゆっくり時間をかけ解して矯正して頂き
一番硬かったのがあまり自覚のなかった首!
この凝りが色々引き起こしているのかな…。
施術して頂いた後は、身体のバランス良く真っ直ぐな状態で歩けている気がしました。
ヴィレッジ内の常設のブースには様々なジャンルの作品が展示・販売されています。
この日は「エレファントマーケット」なるものも開催され、アコースティックライブもあり賑わっていました。

ランチは、地元で採れたネギをふんだん使ったピザ。とても美味しかったです!
トマトソースやクリームソースなどを使っていないこの手のピザが一番好きです。

この1箇所だけで身体のメンテナンス、芸術、食事とこんなに満喫。
食後の運動に歩いて4km程離れた温泉に来ました。
ジョギングだと4kmなんてすぐですが、テクテクと歩いて上る道はとても長く感じられ、また良い陽気だったので汗だくになりました。
温泉施設のテラスから眺めに癒されながら涼みました。

青空の下、爽やかな風に吹かれ自然に囲まれ良い休日でした!


Profile