2017年06月22日

目に舌に 心で感じ 和に浸る

この界隈に久々に来ました。


新宿末廣亭のこの趣が素敵です。
寄席も良いですよね。ゆっくりまた来たいです。

ふぐ刺し、ふぐの唐揚げ、ふぐちり鍋など、ふぐづくしの贅沢なお食事でした。

今朝の紫陽花。歩いているだけで様々な品種を見かけ癒されます。


2017年06月21日

試合前 後も楽しい ハマスタは

以前は試合開始に合わせ球場入りしていましたが、最近は早めに行くようになりました。
練習を見ることができ、前記事のように日本庭園など知らなかったスポットを見付けることもあり楽しいです。

この日は大きなDB.スターマン達がお出迎え!
横浜DeNAベイスターズの若手選手寮である青星寮で実際に食べられているという「青星寮カレー」と、試合観戦のお供のBALL PARK COFFEEのコーヒー。
ここのコーヒーは選手も飲んでいるとかいないとか。
お酒が飲めないのでこのおしゃれなビールの瓶だけ欲しいです。

試合後にいつもと違う道を通ったら、あら、こんな所に中華街。
思っていたより近かったです。

ハマスタ観戦は試合前も後も楽しいこと満載です。


2017年06月20日

球場の 近くに素敵な 庭園が

横浜スタジアムがある横浜公園内の片隅に何やら門がありました。

「彼我庭園」と書いてあります。
横浜公園は、1876年(明治9年)に開園し当時は外国人(彼)と日本人(我)が利用できたことから「彼我公園」(ひがこうえん)と呼ばれており、そこから名付けられたそうです。

素敵な日本庭園です。
日本庭園に紫陽花がよく合います。
緑と紫陽花と水のせせらぎ。

この中は…
蹲踞と水琴窟がありました。

誤って撮ってしまった写真ですが、何だか良い感じ。

よく行く場所に緑溢れ和やかな素敵な場所があることに気付けて良かったです!


2017年06月19日

Tシャツに 釣られて通う 3連戦

セ・パ交流戦の最後の3連戦はビジター外野席を除く全席の来場者に、選手のイラストが描かれた非売品のTシャツが配られることになっていました。
14種のデザインの内、どれがもらえるかは分かりません
当初は1日のみ行くつもりでしたが、雨で中止になった場合は貰えないので念の為にもう1日、やはりもう1枚…と結局3日行ってしまいました。
観戦だけなのにさすがに3日目となると朝に起きるのが少し辛く、眠い目を擦りながら現地へ。

そうしてゲットしたこの子達。
上から、現在セ・リーグ首位打者の前の週に逆転満塁ホームランを打った宮﨑選手、
この3連戦の初日に逆転3ランホームラン、翌日に逆転満塁ホームランを打った戸柱選手、
この日の今季最多得点の全得点のきっかけを作り、1試合2ホーマーの桑原選手。

早くに球場に行くと練習を見られ、こんな円陣を見られたり、楽しいことが満載なことに今更ながらに気付いてしまいました。

動いている彼らを見られることが楽しくてたまりません。

3連戦の始球式前に行われていたベイスターズOBのマーク・クルーン氏とオリックスOBとの「レジェンドOB 一打席対決」
最終日のお相手はパンチ佐藤氏!
現役時と変わらない軽快で面白いトークに客席は爆笑でした。
「(オリックスの)選手は今日夕方、新大阪に戻りますが、秋またこの横浜スタジアムに戻ってきます!
そうです、日本シリーズ!」
両チームのファンの心を鷲掴みにし流石です。
対決は三振でしたけどね(笑)

この日はあいにくの雨予報。
小雨程度で何とかなると思いましたが、試合開始後に思いの外本降りとなってしまい、2回で試合中止。
私にとっては初めてのことでとても残念でしたが、選手2名がびしょ濡れになりながらダイヤモンドを一周するパフォーマンスで楽しませてくださり、ムードメーカー、お笑い担当のお二人に感謝です。
これを見られたし、試合開始前に中止だと貰えないTシャツも辛うじて頂けたし、早めに帰宅でき結果オーライ!
前日、前々日と夢のような楽しく爽快な試合をありがとう!




2017年06月18日

もも裏が 真っ赤になって あぁ痒い…

今朝のアサガオ達。


元気に増殖中。
3兄弟の背丈がほぼ同じになりました。

昨夜から両方の太ももの裏が痒く、今朝はそれが更に増し、鏡で見てみるともも裏が全体が真っ赤!
昨日の野球観戦時に一度も席を立たず、
デニムのハーフパンツのもも裏が汗ばみ時々足を上げ風を通していましたが、帰る頃にはかなりの汗でした。
恐らくそれによりかぶれたと思われます。
立っているとまだ良いのですが、座ると肌に衣類があたり刺激されチクチクと痒くなります。
まさかこんなことになろうとは…。
肌が強くないので、これからの汗ばむ季節は吸汗速乾性の肌に優しい生地のもの、そしてタオルを敷くなどした方が良さそうです。
想像しなかったとんだ災難でした。



Profile