2016年05月29日

さいたま国際マラソンの試走!?

さいたま最大のロックフェスティバルに行ってきました。 
この手のイベントはもうなるべく行かないようにしていましたが、出演者があまりに豪華でつい…。
私のお目当ては、出演順に、ぼくのりりっくのぼうよみ、スガシカオ、サカナクション。 
メインアリーナ、サブステージに加え、普段は搬入口か駐車場と思われる特設ステージの3箇所でライブが平行して行われるので、他にもたくさんのアーティストが出演しており、その中でトップバッターのKANA-BOONを初めて生で聴きましたが、とても良くアルバムを聴いてみたくなりました。
これこそフェスの醍醐味。
その後、会場から近くのショッピングモールへ行きそこで良いお買い物ができました。
東京スカパラダイスオーケストラの時間に合わせ会場に戻り、久々のスカパラ!
やはり管楽器も素敵だなぁ。迫力がありカッコ良かったです。
その後、次のお目当てまで時間があったのでまた会場を離れ、せっかく埼玉まで来たので、近くのスポーツクラブを拠点にさいたま国際マラソンのコースを走ってみることに。
が、800mほど進んでから逆走していることに気付きました。 もー私ってば…。
でも、もう戻るのも面倒なのでそのまま進むことにしました。
コースをイメージして逆走しましたが、なだらかながらずっと上りのように感じたのは気のせいでしょうか。

image
左手のさいたまスーパーアリーナをスタートしこの通りに出ます。
そして、ラストもこの通りを走りアリーナでフィニッシュ。
逆走な上に、結局レースのコースに沿えたのは走った距離の半分ほどで、試走としてはあまり意味がありませんでした。

このスポーツクラブは、富士山やさいたま市内の景色を見ることができる開放感ある25mプール、天然温泉のウォーキングプールや屋外ジャグジーがあり、1周150mの屋外ウォーキングトラックがあり楽しみでしたが、それを利用する時間はなく残念でした。
天然温泉の大浴場にはしっかり浸かっておきました。

そして会場に戻った後はお目当てが目白押し。
初めて生で聴くどころか、初めてお姿を拝見したぼくのりりっくのぼうよみ。
特設ステージは真ん中に柱があり、前半はほとんど彼を見ることはできませんでしたが、ゲスの極み乙女の時間を前に少しずつ人が流れていき、隙間から彼を拝むことができました。
彼のステージ後に、少しだけでもゲスの極み乙女を聴きたいと思っていましたが、距離があるサブステージや特設ステージからメインアリーナへ混雑の中で移動することに疲れ、そこはやめて大本命のスガシカオさんのステージ前で早めに待機することにしました。
おかげで良い位置で今日一番のライブを堪能。
先日一緒に写真を撮って頂いたベーシストの坂本竜太さんもやはり素敵でした。
ここのタイムテーブルが重なり、水曜日のカンパネラを聴けず、かなり疲労を感じその後の凛として時雨の時間は、リクライニングシートで休憩し大トリのサカナクションに備えました。
そんなコーナーが用意されていることが有り難いです。
久々のロックフェスは非常に楽しかったですが、非常に疲れもしました。
1日に色々なアーティストの音楽が聴けるのが醍醐味ですが、昔ほど欲張れる体力がないことを痛感。
ま、合間に買い物に奔走したり、ジョグしていては当たり前ですかな(笑)


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile