2016年09月25日

エキサイト! ベイスターズを なめたらアカン!

昨日は、ベイスターズの試合観戦の為に横浜スタジアムへ行き、試合開始までを書きました。

球場内に入り席が近付くと思わず声が漏れました。
え!? こんなに前!? こんなにグランドのすぐ近く!?
初めてのエキサイティングシートには、ヘルメットとグローブが用意されていました。
周りを見渡すと、ちゃんとヘルメットをかぶっていらっしゃる方が多かったので、私もちゃんとかぶることにしました。
ビジター側でしたが、ベイスターズファンが多かったです。

グローブもしっかり。
もしファールボールが飛んできたらしっかり取るつもり!

青で埋め尽くされた客席からの、黄色い声援ならぬ青い声援が、渦のようにぐるっと湧き上がり、球場全体に響き、そして横浜の空へ突き抜けていくようで感動。

ウォーミンクアップのキャッチボール時に、ボールがグローブに納まる音がよく聞こえ、爽快なこの音が好きなことを思い出しました。
グローブの独特の香りが好きなことを思いだしました。

レフト線から1m程の至近距離で繰り広げられる試合は正にエキサイティング!!

前半はその状況にドキドキし、後半は試合展開にドキドキハラハラし、終始心臓がバクバクでした。

相手チームの攻撃時にちょっとスマホを見ていた隙に、大量点を入れられてしまい、それからはもう守備も攻撃も集中!
そもそもこのエキサイティングシートは、いつ打球や折れたバットが飛んでくるか分からないので、ボールから目を離してはいけないのですけどね。

結局一度も席を離れることができず、買い込んだ食べ物に手をつけることもなく、願いを込め手を握りしめ応援していました。
野球ってこんなに力んで観るものでしたっけ~?
それでも、座りっぱなしは凝り張りの強い臀部やハムに良くないので、時々立ち上がりストレッチは欠かしませんでした。

ベイスターズはほとんどが知らない選手で、相手チームの選手の方が知っているくらいでした(笑)
よって、選手一人一人の応援歌も知らない曲ばかり。
でも、昨日1日でたくさん覚えました。

応援手法も変わりましたねー。
私が観戦していた頃は、笛風船なんてありませんでしたよ。
この写真は内野席で観戦していた方から拝借しました。
私は慣れない風船飛ばしにアタフタし、写真をうまく撮れず(笑)
この写真の左下の飛び出たエリアがエキサイティングシートです。

4点差を逆転し、1点を守り切り見事勝利!
ヒーローインタビューです。
ライトが落とされると、客席にはこんなに綺麗な光景が広がりました。

こんな感じでヘルメットをかぶり、グローブを手に観戦。
'98年のリーグ優勝時の記念Tシャツを着ています。
最後には花火が打ち上がりました。
これができるのもスタジアムならでは!?

14年振りの観戦は、後にも先にももうないようなこんなに良席で、こんなに良い試合を観られ、とってもとっても楽しかったです!

番長こと三浦選手の背番号「18」を選手全員が着ける、来週の試合も見逃せません!!


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile