2017年04月09日

おもてうら 人の心の 闇深く

三谷幸喜さん作・演出、段田安則さん、優香さん、栗原英雄さん、戸田恵子さんの4人劇『不信 ~彼女が嘘をつく理由~』を観てきました。

三谷さんの舞台作品は数多く観てきました。
爆笑に継ぐ爆笑、さり気なく張り巡らされた伏線、そしてそれが雪だるまのように膨らみ大爆笑となります。
そのイメージで劇場に行きましたが、始まるや否やただならぬ空気が漂い、想像していた作品の雰囲気と全く異なり、三谷さんの作品でこんなに怖い思いをしたのは初めてです。 
これはサスペンス。そして、ややホラー。 
思いもしない真逆の空間に最初は戸惑いましたが、次に何が起こるか、どう来るか先が読めずゾクゾクし引き込まれました。
深読みし過ぎましたが、ぐるりと1周回って観終わった後に心にズシリと何かがのしかかり、面白かったです。
三谷幸喜さんの新境地開拓か。

ちなみに、終演後によくよく公式サイトを拝見すると、"「嘘」からはじまるサスペンス"とちゃーんと書いてありました。
私は何を見ていたのだか(笑)

段田さん演じる旦那様が
「どこの夫婦も夫は妻に人生を台無しにされてるよ」
とサラリと仰った言葉がさり気なく笑え、今も心に残ります。

常軌を逸し不気味な戸田さんに終始惹き付けられましたが、優しく飄々としながら何かを秘める段田さん、終始怪しさを纏う栗原さんも好演で、そして可愛らしくも女のあざとさを 秘めた優香さんも印象的でした。
結局一番怖いのは優香さんが演じたタイプの女性なのかも。
ラストにサブタイトルが「彼女が嘘をつく理由」であったことを思い出しました。

それにしてもこの作品を観ていると、人の表と裏の姿にますます人を信じられなくなります。

…あ、正に「不信」


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile