2017年04月11日

雨宿り するくらいなら 駆けて行くさ

竹原ピストルさんの「Forever Young」という曲のこの歌詞にとても共感しました。

雨宿りするくらいなら
晴れている街に駆けて行くさ 


~竹原ピストル「Forever Young」~ 
 
人生は長いと聞きますが、どうしてそう言い切れましょうか。
思いもしないことが起こることもあります。
だからこそ日々を大事に一生懸命過ごさなくてはと思います。
他人にとっては大したことなくどうでも良いことであっても、その人にとってはそうではないこともあります。
他人(ひと)は他人(ひと)、自分は自分。
無責任な慰めや根拠のない助言が、時に人を傷つけることもあります。
でも嘆いていても状況が好転することはありませんよね。

冒頭の歌詞に霧が晴れたような気持ちになりました。
自分の心が救われたような思いです。
雨宿りするくらいなら、晴れている街に駆けて行きたい。
駆けて行きたい、駆けて行きたい、駆けて行きたい。

Forever Young あの頃の君にあって
Forever Young 今の君にないものなんてない。

image


 



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile