2017年04月17日

新選組 歩いて回る ゆかりの地 ~後篇~

次なる目的地は日野宿本陣のすぐ近くにありました。

佐藤彦五郎新選組資料館
佐藤彦五郎は新選組の隊員ではありません。土方歳三の姉が妻で、この家に歳三も寄宿していたそうです。
そして屋敷内に設けられた天然理心流の出稽古場であるには、土方歳三は勿論、近藤勇、井上源三郎、沖田総司、山南敬助、永倉新八らが集い後の新選組の母体となりました。
彼らが旅立つ中、名主として残った彦五郎の元には道場に通った数々の同志からの近況の知らせが届くので、この資料館では近藤勇、土方歳三のみならず、沖田総司、永倉新八など多くの人物からの書簡が展示されていました。
またその内容も山南敬助の死を知らせるものや永倉新八の謹慎の時のものなど彼らの心の内を思い図らされました。
その他、近藤勇から譲り受けた短銃、歳三の鉄扇、京土産など興味深かかったです。
よく目にする近藤勇や土方歳三の写真もこの佐藤家に届けられたもの。
この地域では土方歳三が注目されがちですが、新選組の中心人物を結びつけた佐藤彦五郎の資料館は見応えがあります。
また館長の旦那様からは展示物の説明に加え、大河ドラマ「新選組!」の撮影にご招待頂いた時のエピソードを拝聴することでき面白かったです。

そこから徒歩15分ほどの新選組のふるさと歴史館
建物の写真は撮り忘れましたが、新選組のみならず、当時の日野宿の様子や年表江戸から各宿場を含む大きな地図など分かりやすかったです。

そして、そこからの移動がこの日の一番の難関でした。
駅に戻り電車に乗りモノレールに乗り換え次なる目的へ向かうのは面倒なので歩くことにしましたが、2.4km歩いて30分強の道のりは思っていた以上に遠く長く…。
ジョグならすぐなんですけどね。

土方歳三資料館
言わずと知れた新選組副長・歳三の生家です。

こちらへは3月にも訪問しています。
その時の記事はコチラ

現在「歳三佩刀・和泉守兼定刀身限定公開」期間です。

土方歳三手植えの矢竹
武士になると決意を込めて植えた矢竹だそうです。

そして7分ほど歩き石田寺(せきでんじ)の歳三のお墓にお参りをし、この日の散策を終了。
墓所については先月のコチラの記事をご参照ください。

井上源三郎資料館、日野宿本陣、佐藤彦五郎新選組資料館、新選組のふるさと歴史館、土方歳三資料館、とよく歩きました。

が、合わせてたったの6km。
もっと歩いたと思ったのですが…。
ウォーキングはしんどいですね。

日野駅→0.35km→井上源三郎資料館→0.35km→日野宿本陣→0.24km→佐藤彦五郎新選組資料館→1.0km→新選組のふるさと歴史館→2.4km→土方歳三資料館→0.6km→石田寺→0.9km→万願寺



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile