2017年05月29日

少しだけ 走れたことに 良しとする

職場の駅伝大会の特別ゲストとしてエリック・ワイナイナさんが来てくださいました!

写真も快く受けてくださり、走っている際に声援を送ると応えてくださる優しいお方でした!
陸上部のデモンストレーションもありました。
この写真はまだ序の口。先頭を走るのはマネージャーさんです。
ここからペースアップしたフォームを拝見…のハズが、お久し振りの方との再会に見逃してしまいました(笑)
でも、その方がお元気そうで何よりでした。
この陸上部が予選を突破しニューイヤー駅伝に出場できますように!

少し右脚の鼠径部の調子が良くなったので、駅伝大会を前の5連休中に3~7kmのジョグを毎日しただけで、別の部位が壊れました…。


ここが中足骨頭部。
以前に左を痛めましたが、今回は右足です。
一時は歩くのも痛く、座って仕事をしているだけで突如ズキズキ痛むほどでした。
リハビリの先生には上から下への故障の典型的と言われました。やはり身体は繋がっているのですね。
リハビリとは別に治療を重ね、ギリギリ何とかジョグができるようになり駅伝チームに出場し、それのみならず欠員が出たので調子に乗って1区2.8kmに加え、アンカーの5区2.4kmも走ってしまいました。
ウォーミングアップで300mほどジョグをしただけで息が上がる衰え様。
コースの試走はせず1kmほどでやめておきました。
スタートすると周りに流されペースアップし半分の距離でバテバテ。
2.8kmが恐ろしく長く感じました。
そしてアンカーとして襷を受け取るも遅い!重い!遅い!重い!
練習不足、重量過多はこんなにも走れなくなるものかと痛感させられました…。
でも、ジョグペースながら少しでも走れるようになりまずは良かったです。
脚の故障の痛みは出ませんでしたが、母指球裏のタコが痛くてたまりませんでした。
フォームや脚の着地に問題が山積みです。







トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile