2017年08月05日

500年 時を超えて 目の前に

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の特別展「戦国!井伊直虎から 直政へ」を観に行ってきました。

傑山宗俊印可状
傑山は井伊家の菩提寺、龍潭寺第三世で第二世の南渓瑞聞のお弟子さん。
龍潭寺第五世の昊天崇建とともに武芸に優れた僧で、強弓の使い手で、小牧・長久寺の戦いでは直政に従軍しています。

ドラマの中でも直虎は傑山の武芸に幾度となく助けられていますが、昊天は武芸に秀でている様子があまりなく意外でした。
青葉の笛
殺害の危機から逃れ、11年後に井伊谷へ戻る途中の亀之丞(のちの直親)が神社に奉納したと言われているそうです。
神社外初公開とのこと。

ドラマの中でも良いシーンでこの笛がよく出てきました。

井伊八幡大菩薩真像

一部のみ写真撮影が可能で、他は撮影不可でしたが、「井伊家伝記」や直虎の花印が入った唯一の書状、そして井伊の赤備え、関ヶ原の合戦で使用したと伝える井伊家の旗など見応えがありました。

今回の大河ドラマは珍しく連続して観ており、ますます楽しみになりました。






この記事へのコメント

1. Posted by ランニング2年生   2017年08月06日 16:00
oh,偶然。7月末に伊井谷宮→龍潭寺→松岳院跡→伊井谷城跡城山公園を訪問して参りました。毎週ドラマを楽しみにしてるのでネタバレを恐れ、図書館とか資料館にある展示物内容をなるべく見ないように回りました。時間がなく上記4カ所だけしか行けなかったのですが、まるでタイムスリップしたようなとてもとても興味深い場所でした。おそらくドラマの見過ぎ…w
2. Posted by ゆん   2017年08月06日 22:26
☆ランニング2年生さん

良いですねー!私もタイムスリップしたいです。
まずは龍潭寺に行きたいですが、行くとしたらもちろん縁ある地を周りたいので、ランニング2年生さんのコースを参考にさせて頂きます!
今回の展示で年譜を読み知らなかった歴史を知ってしまいました…(^^;
歴史ものドラマは末路が分かっているので切なくもあり、これからどう描いていくのかが楽しみでもあり。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile