2017年08月13日

先人が 遺した想いを 平和へと

NHKで放送された「1942年のプレイボール」というドラマを観ました。

「エラーをしても、アウトになっても、全力のプレーはみんなをこんなにも笑顔にしてくれる。
だから俺は野球が大好きなんだ。」
- NHK「1942年のプレイボール」-

野球の原点がこの言葉にあるように思いました。

「俺たちは、ただ、野球がしたかった」
そんなことすら叶わなかった時代があったのですよね。


こんな風に野球を楽しめるのも平和だからこそ。
その感謝、そして、二度と起こしてはならない過ちであることを改めて感じました。

こんな青空さえ、いとも簡単に消し去われてしまうのですよね。
でもこの同じ空の下で、常に恐怖に晒され怯え安堵できない日々を過ごしている人々もいるのですよね…。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile