2017年08月05日

500年 時を超えて 目の前に

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の特別展「戦国!井伊直虎から 直政へ」を観に行ってきました。

傑山宗俊印可状
傑山は井伊家の菩提寺、龍潭寺第三世で第二世の南渓瑞聞のお弟子さん。
龍潭寺第五世の昊天崇建とともに武芸に優れた僧で、強弓の使い手で、小牧・長久寺の戦いでは直政に従軍しています。

ドラマの中でも直虎は傑山の武芸に幾度となく助けられていますが、昊天は武芸に秀でている様子があまりなく意外でした。
青葉の笛
殺害の危機から逃れ、11年後に井伊谷へ戻る途中の亀之丞(のちの直親)が神社に奉納したと言われているそうです。
神社外初公開とのこと。

ドラマの中でも良いシーンでこの笛がよく出てきました。

井伊八幡大菩薩真像

一部のみ写真撮影が可能で、他は撮影不可でしたが、「井伊家伝記」や直虎の花印が入った唯一の書状、そして井伊の赤備え、関ヶ原の合戦で使用したと伝える井伊家の旗など見応えがありました。

今回の大河ドラマは珍しく連続して観ており、ますます楽しみになりました。






2017年08月04日

小雨舞う スタンド最後は 星が舞う

今、何月だっけ…?
梅雨入りしたんだっけ…?
と思わず勘違いしてしまいそうな天気の日々で、天気予報は曇マークで降水確率は低いのに何故か連日雨に見舞われているスタジアム。

この3日間はチケットが一番取りづらくなる年に一度のお祭りで、皆が楽しみにしていたというのに、初戦が雨で中止になり、2日目は試合開始直後の雨で1時間弱の試合中断に加え、延長引き分け。
引き分けを挟んでの連敗中でもあったので、今日は何としても勝って欲しいと誰もが願っていたことでしょう。

3塁側でしたが、自チームのファンで溢れており安堵しました。
対戦チームのカラーも青なので混在していても分からなかったせいかも知れませんが(笑)
色合いのみならず、応援の手法や歌など対戦チームの応援も好みでした。

イベント期間中のみのオリジナルユニフォームを選手が着て、観客にも配られ、試合前後には特別映像が流れ、最後はスタジアムに星が舞いました。
時折小雨が舞いましたが、心地良く感じる程度で済み、試合にも勝ち、最後の最後でイベントが盛り上がり良かったです!



2017年08月03日

一日花 同じに見えて 日々違う

アサガオは、咲いた花がその日の内に萎んでしまう一日花。
毎朝見ていますが同じように見えても、

昨日のこの子と、

今日のこの子は違うのですよね。

同じような日々に、同じように見える景色。
でも日々違います。
そんな日々を毎日楽しく過ごせるように日々の努力。




2017年08月02日

どんよりの 空の下で 燦々と

梅雨に逆戻りなのか、もう夏は終わってしまったのか、そんな涼しい朝。

どんよりとした空の下でも太陽のようなこのお花は燦々と輝いていました。

照れ屋な向日葵。
カメラを向けると恥じら…った訳ではありません。

さぁ今日も1日元気に楽しく!



2017年08月01日

夏を終わり 季節は梅雨へ 逆戻り?

長い傘を持ち、防水性のある靴を履くそんな1日雨予報の日に、行きも帰りも雨に降られず1度も傘を開かずに済みました。

梅雨明け前に猛烈な夏日が続き、梅雨が明けた後の方が涼しい日があったり、どんよりした日々が続くのはお天気あるある?
何だか一瞬今が6月頃のような錯覚に襲われます。今日から8月ですよ。


綺麗な色!
ですが伸びた先のツルや葉が枯れかけています。
どう対処したら良いものやら。
今年は摘心や追肥など少しだけ手をかけ例年より葉は大きい気がしますが、野放しの方が良く育つ気もします。


Profile