2011年04月01日

新年度

今日から新年度がスタート。
昨年度の業務が終わってないのでそんな気が全くしませんが

3月の繁忙期に名古屋絡みで1日、ソウル絡みで2日休んだツケは大きく、自業自得ですが今週は仕事に追われてました。
残業だけでは時間が足らず早朝出勤も。
ねぼすけのこの私が、と言ったらこの追い込まれ具合が伝わるかしら(笑)
週明けは風邪もピークでしんどく…。

一昨日は送別会後にジョグしましたが、その前日や昨日は残業でオフ。
ジョグもあまりできなかったのでダイエットジョグを再開しなくては~。








  • mixiチェック

2011年03月27日

皇居ジョグ

皇居のチャリティランに参加しつつお喋りジョグをしました。
お天気も良く、気温も丁度良く、気持ち良い~
一人だと10kmのジョグもしんどい私ですが、お喋りしながらだとあっという間でした♪

その後、宮沢湖トレイル駅伝に参加したメンバーの打ち上げに乱入しました
久々に皆と会え元気になりました ありがとうございました

DSC_0082
モツ鍋~。

DSC_0087
長いピザ!

BlogPaint
飲み会で寝るとこういうことになります


今更ですが幻の名古屋国際女子マラソンの思い出写真。

DSC_0071
受付会場のホテル前にて。

DSC_0072
高橋尚子さんとの貴重なショット。



  • mixiチェック

2011年03月26日

物資調達

10時間も寝たのに昼寝してしまいました

10kmのジョグがしんどいです。
疲労のせいではなく飽きてしまうから…。
7km位なら気持ち良く走れるのになぁ。
しかも最近は疲労抜きジョグではなくダイエットジョグと化しています。


ハードディスクとデジカメを持って実家に行きました。
一時間くらいの距離なのになかなか顔を出さない私。

母と会うのは財布やら家の鍵やら貴重品一式をなくした年末の騒動以来。(結局見付かりましたが)
父は不在で一年位会っていないかも…

テレビにハードディスクを繋いで録画の操作を母に教えようと思ったら…テレビは地デジ対応でも実家はまだアンテナ対応が終わっておらず録画ができませんでした

デジカメの操作は簡単なので母も使えると思いますが、パソコンに保存したりプリントしたりは難しいかなあ。

近くにいれば何でもやってあげるんだけど。

うちの近所のスーパーはパンや牛乳はいつも品切れで、たまにある食パンや玉子は倍額だと言うと母が驚いてました。
実家周辺ではそこまでの品薄ではないようです。帰りにこっちのスーパーに寄ろうかと思いましたがもう閉まっている時間

50円で買ったという食パン2斤とお米と洋菓子やラスクをもらって帰ってきました。
牛乳もくれると言われましたが重いのでやめました。

実家にいたのは3時間弱。終バスの2本前でした。終バスの時間はやっ!

バス停が一つ増え、実家のすぐ近くから乗れるようになってましたわーい


  • mixiチェック

2011年03月25日

スンデ

先日開幕した選抜高校野球大会の選手宣誓が心に残っています。
「今、地震で多くの尊い命が奪われ、悲しみでいっぱいです。私たちに今できること。それはこの大会で精いっぱい元気を出して戦うことです。
頑張ろう日本。
生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います」

今、この時しかない時間。精一杯プレーして欲しいです。
そして私も負けずに精一杯走ろう。精一杯生きよう。
頑張ろう日本。頑張ろう。頑張ろう。頑張ろう。

今週は電車で座ると一瞬の内に落ち、最寄駅まで爆睡です
年度末だというのに名古屋国際やソウル国際で今月は3日も休んでおり、当然仕事は溜まっています。
昨夜は久々に残業しクタクタになりました

あの地震後から頭痛が続き、ソウルにいる間は治まりましたが帰国後に再発しました。疲労か風邪か、または節電による眼精疲労か。
花粉のせいかと一瞬思いましたが、それは敢えて打ち消します。私は花粉症ではありません
今日は喉も少し痛く・・・用心せねば。

職場の近くのマッサージ店の無料チケットを頂いたので早速行ってきました。故障予防の為にいつも行くマッサージと違い、足つぼマッサージのお店でした。
つぼはどこもかしこも効くぅ~効くぅ~でもイタ気持ち良い。
出される白湯をグビグビ飲みました。NASAでも採用されている不純物を取り除いた純水らしいです。
身体が温まり結構汗をかきます。施術した足としてない足を比べると太さも色も違い驚きました
こんなことでもないと足つぼマッサージにはなかなか来れないので良い機会でした
ありがとう


ソウルでの最初と最後の夕飯のお店は、ガイドブックに載っていないお店に適当に入りましたがどちらもヒットでした
そういえば昨年の最初の夕飯のお店も美味しくて温かく良いお店でした

その最後のお店で怪しげな食べ物に出会いました。

CIMG0111

韓国版ソーセージ?
帰国後に調べようとメニュー(↓)の写真を撮っていると、お店のおばちゃんが韓国語で教えてくれその発音を真似してみましたが、案の定忘れちゃいました
このおばちゃん、言葉は通じませんでしたが面白かったです

menu


ネットで調べてみるとスンデ(순대)という食べ物だと分かりました。
以下Wikipediaから要約。

豚の腸に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェの麺などに使われる)などを入れた後、蒸して作る。
切った後に、調味塩(塩と胡椒)を添え、軽食として食すのが一般的。
炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もある。朝鮮半島北部の名物料理だそうです。

日本人は苦手な人が多く定着しないようで、私も2、3個で満足でしたがコラーゲンが豊富らしいのでもっと食べておくべきでした(笑)

  • mixiチェック

2011年03月23日

「大丈夫」&レースメモ

「大丈夫」の漢字には人が3人集まってるから安心を感じる言葉なんだって

先日ご紹介した「地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき」に新たなつぶやきが追加された「地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやき」に、また心を震わされました。
http://prayforjapan.jp/message/



まとまってませんがメモ代わりにレース前後の詳細を。言い訳も混ざってます、たぶん(笑)

名古屋国際女子マラソンの一週間後のソウル国際マラソンはファンランの予定でエントリーしていました。
そしてそれは名古屋国際の中止が決まった瞬間にメインレースに。状況が状況なだけにあまり公にはしませんでした。
そう簡単に気持ちの切り替えはできませんでしたが、チャンスを大事にしようと思いました。
名古屋に向けようやくカーボインしていましたが、(日)のランチのひつまぶしを最後に再びカーボアウト。
栄養源であるササミ、卵、バナナが震災の影響でスーパーからすっかり姿を消し苦労しました。
救出活動が進まず物資が行き届かない被災地の様子、収まらない原発問題、余震、停電で気持ちが不安定になりましたが、仕事へ行けば人と話すことができ、また仕事に追われることで気が紛れ幸いでした。

こんな時に・・・そんな後ろめたい思いもありましたが、「こんな時だから行くんです!」「一人分の電力が浮くから行ってこい!」、そんな言葉に後押しされました。

同行者5名の内メインレースであるのは私だけ。
レース前日は足を無駄に使わないよう私の分の受付もしてくれたり、前夜の夕飯はカーボローディングできるものにしてくれたり、ホテルから会場までのジョグで荷物を持ってくださったり皆が気遣ってくれました。
何より皆の笑顔に心が解されました。ありがとうございましたm(_  _)m

レース当日は雨。メインレースでの雨は初めてです。これも試練なのだと思いました。
名古屋国際に出る予定だったランナーで代替レースがある人は少ないはずだから。好条件で走らせてもらえる程そう甘くはないのだと。
あの日、全てが変わりました。
レースに出られるだけ、走ることができるだけとても有り難いこと。貴重なチャンスを活かさねば。

公には3時間5分切りを目標としてましたが、名古屋国際は密かに3時間3分切りを狙ってました。
なのでソウル国際も勿論狙うは3分切り。名古屋から帰京後すぐのポイント練習も良い感じで走れたし5kmベストも出たし、状態は悪くないはずと自分に言い聞かせました。

スタート30分前トイレに行くと、個室から出てきたのはなんとおじ様。
女性の参加者がとても少なく、男性のトイレは行列・・・昨年も確かこんなことがあったような。

押したり割り込んだりはここではごく当たり前?
スタートエリアでは押されるので流れに身を任せ、人をかき分け前へ行く女性が道を作ってくれたのでついて行ったら前へ行けました。カムサムニダ♪
スタート後、狭い道で肘鉄を何回もくらい、現地文化の洗礼を受けました。
でも誤解のないように補足するならばこれは文化であって、韓国の方はとても温かいです。街を歩いたり、ご飯を食べたりした時に度々感じました。
走り出してしまえば雨も寒さもあまり感じませんでしたがそれも5kmまで。
その後は走れば走るほど体温を奪われていく感覚。まだ10kmも走っていないのに。
昨年、沿道から応援した冷たい雨の大阪国際女子がどういうことか私は全く分かっていませんでした。ごめんなさい、こういうことなのですね・・・。
スタート直前にトイレに行ったのにまた行きたくなりました。
体が思うように動かず時折朦朧とすることもあり、気付くとペーサーから離れていました。
追いつくには全力で走っているような感じでした。
今までにない経験で初のDNFが過ぎりましたが、結果的には完走できたのでこの弱気がますます身体の動きを悪くした感も否めません。
今思えば、昨年のソウルも大阪国際女子も10km前からふくらはぎに張りや痛みが出て不安を感じても結局完走できたのだから、その程度で焦ってはいけなかったのだと思います。

その後ペーサーについたり離れたり。下りでは左膝に痛みが走り、ふくらはぎもガチガチ。
ハーフ地点で大会設置の時計を見ると衝撃的なタイムでした。脚は既にかなりきつくなっていました。
このレースは招待選手が7、8分前にスタートしているので、その時間が表示されているのに私はそれをすっかり忘れ差し引きしていませんでした。
それに気付いたのはレースが終わった後・・・。

一向に身体は温まらず思うように走れず、少し体が動くようになったと感じたのは30km付近、でもその頃には脚が終わってました。
ココでも衝撃的なタイムを目にしました。3時間10分オーバーと思いましたが、師匠の「自己ベストは出るんだから後はどれだけ縮めるかだ。」の言葉にとにかく必死に走ることだけを考えました。

5kmと10kmで給水を取った後は取りませんでした。寒さでとても飲む気になりませんでした。30kmと35kmでは仕方なく取りましたが・・・。
エネルギー補強ジェルを摂取する力も残っておらず、結局そのまま取らず終い。フルマラソンで初めてのNO摂取でした。

35km前後、一瞬リズム良く走れたような気がしましたがそれも長くは続きませんでした。
40km地点で残り僅かなのに、檄をたくさんもらうのにラストスパートが全くかかりませんでした。地面に脚を着く度に身体に鈍痛が走りました。何とも無様な走りでフィニッシュ。

この日の全力ではあったと思います。
でも自分の身体をフル稼動させられず、100%の力を出せませんでした。それが悔しい。
自信過剰と言われてしまうかも知れませんが、もっと走れたと思ってしまいます。もっとしっかり走りたかった。来シーズンに繋がる走りをしたかった・・・。

だけどこれが実力。これが現実。結果が全て。
どんな時でもどんな条件下でも最大限の力を出せるようになるしかない。
今まであまり意識しなかったキーピングのズレがどういうことかも少し分かった気がします。
全てが経験となり、勉強となり、自分の糧にきっとなるはず。
それは自分次第。
もっともっと先に行くには、これを無駄にせず先を見据えて進むしかない。私にはそれしかない。


CIMG0005
お部屋。

CIMG0026
お部屋からの景色。

CIMG0028
2日目の朝。

STP86693
レース当日。

DSC_0074
レース翌朝。

DSC_0076
レース翌朝のスタート地点。

DSC_0077
この辺りもレースで走りました。

CIMG0101
韓国銀行。

CIMG0102
その付近。

CIMG0104
南大門市場。

CIMG0107
同じく。

CIMG0100
応援ありがとう、韓国。がんばろう、日本。


  • mixiチェック
Profile

ゆん