2017年05月28日

初めての 相撲レクチャー 堪能す

両国駅旧駅舎をリニューアルした駅直結の飲食施設。
その入ってすぐの中央には日本相撲協会監修の原寸大の土俵があります。
それを見に立ち寄ってみると何やらイベントをしていました。

近くで見ると思っていたより小さく感じられました。
また床には土俵サイズの円が描かれており、これなら女性でも実寸を体感できます。

「相撲甚句披露」が始まりました。
相撲甚句とは、江戸時代に余興的に力士の間で謳われてきた囃子歌で、花相撲や巡業相撲の土表上で力士が披露しているそうです。
元力士の方による耳に心地好い歌声や「どすこい、どすこい」などの合いの手に聴き惚れました。
後で調べてみると、相撲教習所の必須科目にも取り入れらているそうですが、そもそも「相撲教習所」というものがあることに驚きです。

この後、これまた元力士の方による「相撲パフォーマンス」なるものがあり、稽古の内容、取組前後の所作や禁じ手と決まり手を分かりやすく説明してくださいました。

四股踏みは稽古の基本。
正しく行うと5、6回ほどで汗が滲んでくるそうです。
ダイエットにも良いと近年評判だそうで、体幹トレーニングにもなるようなので私もやってみようかしら。

真剣三本勝負も行われました。
左手の黒いまわしの方が30歳、右手の白い回しの方が40歳。
1勝1敗で迎えた後、お二人ともかなりの汗でしたが、白いまわしの先輩力士の方が息がかなり上がっていました。
でも最後は先輩力士の勝利!
お2人ともお見事で、こんな近くで観ることができ興奮しました。

その後、元力士へ挑戦ができましたが、もちろん男性限定。
この時ばかりは男性に生まれたかったと思いました。

その後、写真撮影会もしてくださいましした。

とても楽しく勉強になる貴重な時間で、大相撲観戦の良い締めとなりました。
たまたま立ち寄りこんな楽しいイベントに遭遇できラッキーでした。
ありがとうございました!


2017年05月27日

初めての 相撲グルメも 満喫す

お相撲と言えばちゃんこ!
両国駅周辺にちゃんこ屋さんは多数あり両国国技館内にもありますが、満腹にはならない量が良かったので、国技館の大広間で頂く「相撲部屋特製ちゃんこ」を頂きました。

場所ごとに異なる部屋のご自慢のちゃんこを提供してくださいます。
今場所は佐渡ヶ嶽部屋で、中日までがしお味、その後はしょうゆ味でした。
実際に部屋で作っているものはこれより甘さ控えめだそうです。
ダイエットの為に私も毎晩ちゃんこにしようかと思いました…。もちろん白米はなしです。
両国国技館名物の「やきとり」を頂きながら観戦。
デザートは両国国技館限定スイーツの「ひよちゃん焼き」
これは日本相撲協会認定のキャラクター「ひよの山」を型どったもので、中身はあんことクリームもありましたが、私は季節限定のチーズクリーム。
限定ものに弱い…。でも美味しかったです。
夕方に小腹が空き、両国国技館名物の「軍配みたらし」も食べちゃいました。
そしてお土産は「土俵入りあられ」
可愛くて安くてお得です。

国技館内にはちゃんこや焼き鳥のお食事処やお寿司屋さん、そして力士の名が付いた数種の「力士弁当」などがありました。
アメリカンドッグやフライドポテトなどの軽食的なものもあり、多く見受けられた海外からのお客様も安心ですね。
取組だけでなく、お土産や食事も楽しめました!


初めての 相撲観戦 興奮す

大相撲五月場所を観に行ってまいりました。

初めての国技館!
この幟にテンションが上がります。
横綱と大関以外の力士の方はこうやって場所入りするのですね。


門まではどうやって来ているのでしょうか。

敷地内に神社がありました。
向かって右が「出世稲荷神社」、左が「豊国稲荷神社」

稀勢の里横綱は残念ながら休場でした。
1階からの眺め。次は1階から観たいような、次も椅子席の2階で良いような。
十両からの取組を全て観ました。
幕入りの土俵入り。
満員御礼!
あまり詳しくないながらも、生身の体と体がぶつかる白熱の戦いに魅せられ、大金星に座布団が舞う様子も見られ(本来は禁止されています)とても楽しく、また観に来たいと思いました。


富士山は なくても気分は 富士見酒

山梨県と静岡県のご当地グルメのお店で飲み会でした。
この県の出身者がいると割引になるそうですが一人もおらず残念!


「静岡おでん」頂きました。
他にもB級グランプリを決めるB-1グランプリで2010年に優勝した「甲府とりもつ煮」や静岡の「浜松餃子」「富士宮焼そば」などお料理が美味しく、またクエン酸ソーダなど珍しいソフトドリンクが豊富で嬉しかったです。
デザートは「生信玄餅」でした。「信玄餅」は多々食べたことがありますが、「生」は初めてでした。
お喋りにも花が咲き、美味しく楽しい宴でした。



2017年05月26日

VICTORY 輝きを増す BLUE☆LIGHT

昨日までの横浜DeNAベイスターズのホーム3連戦は「BLUE☆LIGHT SERIES」でした。
日毎に異なる青く光るグッズがビジター席を除く全来場者に配られ、試合後のハマスタを青く光らせるイベントです。

このバットが…


こうなります!
幻想的でとても綺麗でした。
この青い光に包まれてのヒーローインタビューは格別で、勝利し尚輝いて見えることでしょう。

始球式を務めた元光GENJIの諸星和己さんが、ローラースケートで「STAR LIGHT」を歌って踊ってくれました。
懐かしい~! 当時大人気で私も大好きでした。覚えているものですね、一緒に歌えました(笑)
大型ビジョンに映る彼は当時の「かあくん」のままで凄いと思いました。
パフォーマンス後、客席からはアンコール!
ないと言っているのに再びアンコール!
妙な一体感でいたずらっ子の観客に笑ってしまいました。
「次は全員(7人)連れて来ます!」と。ホントに!? 期待して待ってますよ!
美しくも楽しい青い光のセレブレーションでした!



Profile