ラン

2017年05月14日

痛みには 強いと言うのか 鈍いのか

新しい治療院に通っています。
と言ってもまだ2回ですが。
がっつり解してくださる私好みの手技と鍼治療。
初診時に今まで受けた鍼治療の話になり、とても強い鍼を受けたことがあると話すと、先生の口からその鍼灸院の名前が出てきました。
やはりそれだけ有名なのですね。
先生が「それを聞いて安心しました」と。
時々「痛くないですか?」と聞かれ大丈夫と答えると「痛みに強いのですね」と言われました。
また「こんなに強く張るまでやってしまうということは、やはり痛みに強いのですね」
と言って頂きましたが、まだ走れていた昨年の春夏でもそれまでも比べたらそんなに強度のある練習できていなかったのです…。
下半身を中心に診て頂いた後に上半身の硬さに驚かれました。
この硬さが腰への負担になり今の脚の症状を引き起こしているのではないか、と。
解して頂き普通は上半身がこんなに軽く、肩がぐるぐる回ることを思い出しました。
もしや痛みに「強い」のではなく「鈍い」のかしら?
先生の施術もなかなか悶絶でしたが、今まで通った鍼灸院や接骨院に比べるとそこまで強くはなく、帰路の脚が重いこともなく、翌日に身体がだるいこともありませんでした。

そして2回目。
のっけから先週以上の強烈な鍼。
そして、
「前回は様子を見ましたが、今日は遠慮せずいきました」
ですよね!ですよね!
人が変わったようにかなりキツかったです(笑)
…油断していました。

鍼、手技、鍼の順で治療して頂き、最後の鍼治療はストレッチの状態で打つので効きます。
幾つかの治療院で鍼治療を受けてきましたが、これは初めてです。
この日の帰路はさすがに脚が重く、猛烈に眠く帰宅後はバタンキュー。
翌朝に目を覚ました時に深い眠りについていたことを感じました。

ここで診て頂けば良くなる気がします。
他でもいつもそう思い、でも良くならず落胆を繰り返しているこの9ヶ月程ですが、今度こそ良くなる気がします。
早く良くなりますように!

パイ生地とサブレ生地が交互にサンド 妙なチーズパイ。
まらなります。
これはかなりのハイカロリーで危険、危険。


2017年04月29日

届くかな 薄紅色の ハナミズキ

花水木(ハナミズキ)が綺麗な季節になりました。

image
103年前に日本がアメリカへ桜を贈り、そのお礼として贈られ初めて日本にやってきたハナミズキ。
親善の象徴なのですね。


薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと 終わりますように
君と好きな人が 百年続きますように
~一青窈 「ハナミズキ」~


少し高い位置で咲いていたので背伸びをし、画面を見ずに撮った割にはなかなか良い感じ?(笑)
これは「チェロキーチーフ」という品種のようです。
花水木はミズキ科ミズキ属。
花言葉は「華やかな恋」「私の思いを受けてください」「返礼」 

約2ヶ月振りにジョギングしてみましたが、やはりまだダメでした。
長年頼ってきた整骨院でも鍼灸院でも良くならず、アプローチを変え整形外科やリハビリにも通ってみましたが、良くなる兆しはなくむしろ悪化している感じ。
大した故障ではないと思うのですが、どうしたら治るのかな。原因もいまいち掴めず。
その内治るかも知れません。
でも私が治したいのは「その内」ではなく「今」。
今欲しいのは無責任な励ましや慰めではなく、的確な助言と治療法。
「私の思いを受けてください」 
どこかに受けてくださる先生はいらっしゃらないかしら。 


2017年04月03日

ベッドより まずはウェイト 脱却を

職場でたまにお会いするランニングをされている方は、よく「走ってる?」と声をかけてくださいますが、先日久し振りにお会いすると何か言いたげなお顔で何も仰らないので、自ら
「走ってません。療養中です。」
と申し上げると
「太った?顔が丸くなったような…」
と。
あーあーあー…。そりゃあもう。
3、4kg太りました、と正直なところをお伝えしました。
パッと見で分かるというのは相当な証拠です。

一般的には一括りにされがちですが「怪我」とは、例えば捻挫や骨折、肉離れなど瞬間的に与えられたダメージにより起こる「外傷」のこと。
それに対し、繰り返し与えられるダメージの蓄積により慢性的に痛みが生じるもので、例えば腸脛靱帯炎、足底腱膜炎、鵞足炎などが「故障」と呼ばれる類かと。
スポーツを起因とする場合、前者を「スポーツ外傷」、後者を「スポーツ障害」と呼ばれていますね。

怪我をした時の処置は「RISE」、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)ですね。
故障の場合は状況にもよりますが、どこかしら炎症のことが多いので、Rest(安静)、Icing(冷却)は同様かと。

私の脚は、「怪我」でも「故障」でもないように思えてきました。
それ以前の問題。
リハビリを始めました。
まずは筋肉を解し、骨の位置を正しい位置に戻し、それをキープできるような動きを繰り返しています。
ランニングをしていないのに何故こんなにも筋肉が硬くなるのか疑問でしたが、炎症を起こしている所謂「故障」による 痛みではないので、ただ休んでいても原因は解消されないとのこと。
歪んだままで日常の動作を繰り返している内は変わらないようです。
必ずしも休養が治癒に繋がるとは限らないと感じました。
初めて腸脛靭帯炎になった時もただ休養しているだけでは治らず早く治すには積極的治療が必要と言われましたけどね。
今はベッドでのマッサージ、ストレッチ、そしてやや軽いトレーニングなど地味な動きの繰り返し。
トレーナーさんが
「ベッドを離れてあっちでトレーニングできるように頑張りましょう」
と。
そこには手狭ながらトレーニングスペースがありました。
まずは早くベッドを脱却せねば。
今は到底敵いませんが自己ベストタイムを聞かれ答え、少し思いを推し量ってくださったようです。
でも走れるようになりたいと嘆く前に、まずは腐った心根を立て直さなくてはと思いました。
このウェイトがそれを物語っています。まずはこれを落とさなくては。
トレーナーさんのお心遣いに、最低限のことすらできていない自分が恥ずかしくなりました。
最早その走力もないと言うのに。
ベッドからの脱却もですが、このウェットスーツならぬウェイトスーツからの脱却を図らねば。

とか書きながら、

頂きものシリーズ。
テオブロマの生チョコトリュフ。
滑らかでビター風味で美味でした。



2017年04月01日

走ること 人それぞれの 形あり

私はご興味ない方にマラソンを無理に勧めようとは思いません。
でも興味があって尻込みしている方がいらしたらしたら、練習をしてちゃんと準備をすればできると思いますよ、と背中を押したいです。

興味があって
「マラソンて楽しいの?」
と聞かれるのと、興味なく
「マラソンて何が楽しいの?」
と聞かれるのは随分と違います。

私の初フルマラソンまでの練習は週に2回程度のジョグのみでした。
それも5km程から始め、少しずつ少しずつ距離と回数を増やしていきました。
年齢などにもよると思いますが、3ヶ月あればフルマラソンを完走できるようになると聞いたことがあります。 
実際に私もそれくらいでした。
でもそれはあくまで「完走」
目標タイムがある場合にはであれば、きっと効率的な練習が必要になると思います。

その後、記録を目指して一番練習していた時は、インターバルやペース走、ペース走など強度の高い所謂ポイント練習と呼ばれるものを週に3回、それ以外の日はジョグかスイムをし、完全にオフの日は1日でその日は治療に当てていました。
日々のほとんどをマラソンに費やしていたのは、高い目標タイムがあったからです。
楽しく走りたい、そんなキツい練習なんてしたくない、ジョグだけで十分という方もたくさんいると思います。

走るスタンスや目標は人それぞれ。
生活スタイルや生き方も人それぞれ。
それではダメなのでしょうかねぇ…。

頂きものシリーズ。
GODIVAのアソートメント。

缶に入ったパールのようなチョコレートは、持ち歩けて少しずつ頂く楽しみ。


2017年03月31日

桜くさ? ラクサの桜 楽サクラ

そういえば3度目のフルマラソンである初めて出場した東京マラソンの時、膝は激痛に襲われていました。
錆びたボルトが膝に刺さっていて曲げ伸ばしの度にギシギシ音がするかのような痛さでした。
「マラソンはもうこれで最後にしよう」と思いながら足を引きずって完走しました。 
今年の東京マラソンよりもっと痛かったと思います。
それでも完走できたのはその頃はただひたすら「完走」が目標だったからでしょう。
今年の東京マラソンで私は脚が痛く無理をすれば完走できたかも知れませんが、それに耐えレースを続ける意味を見いだせず30kmでDNFしました。

初めての東京マラソン後はマラソンをやめたつもりで2ヶ月ほど全く走りませんでした。
でも友人から誘いを受け1ヶ月後のフルマラソンにエントリーし慌ててジョグを再開しそのレースに挑むと、毎回フルマラソンで痛んでいた膝が全く痛まず50分近くタイムを縮められました。

知識なく治療という発想がなく、ただ2ヶ月間走ることをやめただけでしたが良い骨休めになり膝が完治したようです。
そんなこともあるので、私の今の脚も単に休めば治るのかも知れません。
それならお安い御用です。確実に治るのならばね。
でもそれで一気に50分も自己ベストを縮むことはもうないでしょうね(笑)

頂きものシリーズ。
Henri Charpenierクリーム・ビスキュイ。
サクサクの生地にサンドされたクリームが美味しくてクラクラのさくら味は春限定です。





Profile