音楽

2017年05月03日

ビチュツ展 来たれバカ田 大学祭

赤塚不二夫さんの生誕80年と『天才バカボン』『もーれつア太郎』の50周年を記念した「春のビチュツ展」なる展覧会と「バカ田大学祭ライブ」なるライブイベントに行ってきました。

まずは渋谷にて「春のビチュツ展」を鑑賞。
「バカ田大学祭ライブ」のチケットを見せノベルティの缶バッチ(写真左下)を頂きました。
続きまして恵比寿にて「バカ田大学祭ライブ」
初日はTHE BEATNIKS(鈴木慶一、高橋幸宏)、矢野顕子さん。

矢野顕子さんのお喋りするように弾む歌声に思わず笑顔になります。永遠の乙女です。
そんなカラフルな印象の歌声に対し、シックな歌声と演奏のTHE BEATNIKS。
でも後半はポップに、シェーシェーシェー!ダァダァダァ!と皆で楽しく唄いました。

整理番号が早かったので最前列のステージまで3、4mの至近距離でライブを楽しみました。
ちなみに明日は大貫妙子さん&小松亮太さん、KIRINJI、明後日はゴンチチ、清水ミチコさん、という全日を通して豪華な顔ぶれ。
大学祭の雰囲気…ってこんな感じでしたっけ?(笑)

「バカ田大学オリジナルノート」を頂きました。

写真では分かりづらいですが、ノートの表紙にこのバカボンのパパの絵が描かれています。



2017年04月13日

ウメ、サクラ モモに負けじと ツバキ咲く

梅に続き満開の桜や桃の満開に目を奪われがちでしたが、椿も綺麗に咲いていました。

ご近所でも。
先日の日本庭園でも。
 
もちろん他の花もたくさん咲いています。
たくさんのことに気付けるよう、たくさんのことに目を向けられるようありたいです。


~竹原ピストル「よー、そこの若いの」~
 
とかく忘れてしまいがちだけど
とかく錯覚してしまいがちだけど
例えば桜やらひまわりやらが
特別あからさまなだけで
季節を報せない花なんてないのさ

よー、そこの若いの 
俺の言うことをきいてくれ
「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ。」 

よー、そこの若いの
君だけの花の咲かせ方で
君だけの花を咲かせたらいいさ
 


2017年04月11日

雨宿り するくらいなら 駆けて行くさ

竹原ピストルさんの「Forever Young」という曲のこの歌詞にとても共感しました。

雨宿りするくらいなら
晴れている街に駆けて行くさ 


~竹原ピストル「Forever Young」~ 
 
人生は長いと聞きますが、どうしてそう言い切れましょうか。
思いもしないことが起こることもあります。
だからこそ日々を大事に一生懸命過ごさなくてはと思います。
他人にとっては大したことなくどうでも良いことであっても、その人にとってはそうではないこともあります。
他人(ひと)は他人(ひと)、自分は自分。
無責任な慰めや根拠のない助言が、時に人を傷つけることもあります。
でも嘆いていても状況が好転することはありませんよね。

冒頭の歌詞に霧が晴れたような気持ちになりました。
自分の心が救われたような思いです。
雨宿りするくらいなら、晴れている街に駆けて行きたい。
駆けて行きたい、駆けて行きたい、駆けて行きたい。

Forever Young あの頃の君にあって
Forever Young 今の君にないものなんてない。

image


 



2017年03月28日

冬終わり テレビドラマも 一区切り

1月からのドラマで私が好きだったドラマはコレ!
TBS『カルテット』

テレビ東京『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』

『カルテット』は偶然出会った男女4人がカルテットを組み軽井沢の別荘で共同生活を送るお話。
松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという実力派揃いのキャストでした。
『バイプレーヤーズ』はまだ最終回が残っていますが、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんの名脇役6人が本人役で登場し館山の別荘で共同生活を送るお話。
この2作品が「共同生活」という点で共通していたことに最近気付きました。
どちらもとても面白く4人と6人の共同生活をずっと観ていたいと思いました。

そしていずれも音楽がとても良くて!
『カルテット』の主題歌は椎名林檎さんの書き下ろし曲を主演の4人が歌い、特に松さんと満島さんは歌声も素敵ですからね、それはそれは心奪われます。
『バイプレイヤーズ』もオープニングの10-FEETの「ヒトリセカイ」も、エンディングの竹原ピストルさんの「Forever Young」が共にカッコ良く、6人の役者さんの作品にピッタリの曲です。
 

~竹原ピストル「Forever Young」~
 
4月に出る新しいアルバムを買わなきゃ!
あーでも既に出ているあのアルバムもまだ買っていない…。
気付けば5月はライブやフェスに既に3つ行く予定だというのに、更に行きたいライブがあり大いに悩み中。
どれもいつもと違う雰囲気のライブで外せなくて困ります。

image
米粉のチョコケーキ。美味でした♪




2017年03月21日

食・音楽 温泉浸かり ナチュラルに

連休最終日は自然溢れる地へ。
駅に着いたのがちょうどバスが行ってしまった後で、1時間半近く待たなくてはならず、タクシーに乗るのももったいないので2.7km程の道のりを歩きました。
以前はバスかジョグで来たので歩いてみると少し長く感じましたが、長閑で麗らかな道のりは心地好かったです。

 
猫ちゃんがお出迎え~!

今まではテラスを利用していましたが、この日は花粉が心配で室内へ。

 ウッディで温かい雰囲気。
前回はお肉中心のノンべジダブル定食でしたが、この日はベジタブル定食に。
ヘルシーで見た目にも心にも身体にも優しいです。
車麩の唐揚げの右上にあるのは生のヤーコン。
生で食べられるなんて素材そのものが美味しく新鮮な証拠ですね。

室内には感性豊かで心温まる絵画が多数展示されていました。
食後のデザートとコーヒーは外せず…。
藤野芸術の家
この中のホールでコンサートが開催されます。
このコンサートのコーラスグループの指導をされている方が私が好きなミュージカル「レ・ミゼラブル」に出演されていた方で、その方のソロとしてレミゼのナンバーを1曲、コーラスとして2曲をご披露くださりました。

この後、友人と1年半ほど前に高尾山口に新しくできた温泉に初めて行き、多種の露天風呂を堪能しました。
登山やトレイルランの帰りなどに寄ったらさぞ気持ち良いことでしょうね。

マクロビオティックランチ、緑に囲まれたホールでのコンサート、そして山の麓での温泉。
自然に溢れた一日でした。


Profile