スイム

2017年06月07日

施設良い 初めてのジムは いと楽し

無料チケットを頂き、初めてのスポーツジムに行ってきました。
立地が良く広くて綺麗で全体的に好印象。
マッサージプールが気持ち良く、大浴場に外気を感じながら入れるエリアもあり、露天風呂気分が味わえるのも嬉しいです。
緩いながらも身体を動かした後はやはり気分爽快。
しっかりポイント練習ができるようになったら、会員になりここを拠点にできたら便利と思いましたが、いつになることやら…。


梅雨入り記念?の紫陽花。


2017年06月01日

潜るのは 泳ぐよりも 難しい?

プールで泳いでいる時にコースの真ん中に鍵が落ちていました。
1度は通り過ぎたのですが、危ないし利用者が困るだろうと思い、2度目は潜水してそれを拾おうとするも手が届きませんでした。
立ち止まり、海女さんのように深く潜ろうとしましたが、これまた手が届かず。
そうこうしている内に後ろからスイマーが次々とやって来て私がお邪魔になっていると、その後に来た方がサッと潜り手渡してくださいました。
たかだか1.2mほどの水深なのに潜るのは難しいものですね。
中途半端な親切心を出し恥ずかしい思いをしてしまいした(笑)

先日、ビルの最上階でランチをしました。

眺めが全然違い、子どものように窓に張り付きたくなります。

お昼休みに時々行く庭園の全体が良く分かります。
上から見ると歩くより広く感じます。

気分転換にまた行きたいです。
庭園にも、最上階にも。



2016年12月26日

久々に ハーフマラソン 走り切る

前記事の通りあまり走れないまま参加した4ヶ月振りのハーフマラソン。
どういう位置付けで走るか。
ジョグペースでも痛みが強くなればDNF(途中棄権)せざるを得ないので、完走すら危ぶまれます。
でも、ある程度のペース目標なく走ることに意味があるのか。
いや、そうして完走できなくては意味がない。まずは走り切ることを目標にすべきではないか。
自問自答を繰り返し結局出たとこ勝負。



スタートし気持ち良いペースで走っていると体感より30秒/kmも速く驚きました。  
最近コツを得たフォームを意識すると楽に走れ自然とペースが速くなり、その後も抑えるどころかペースアップしてしまいました。
でもジョグですら距離を踏んでいない脚がそのペースでもつ訳がなく、10km以降はペースダウン。
それでも思っていたよりはずっとずっと走れました。
痛みはやや増しながら最後まで付きまといましたが、何とか押し切りました。 
脚の強張りが堪らず帰宅後にプールに行きましたが、そう易々と解れるものではありませんでした。
こうしてこの痛みを抱えたまま今後も走っていくしかないのかな。
でもハーフは耐えられても、フルで耐え抜く自信はありません。
このまま走るべきか控えるべきか、それすら迷いながらまた悶々とした日々を過ごしていくしかないのかな。

でもその前に鎧を脱がなくては。
この1年で身にまとった重量は恐ろしく、骨折の時の増加以上です。
しかもなかなか脱げず、もう心も脳も身体もダルダル。
でも逆に考えるとこの鎧を着て走れたのだから、それを脱げたら…!?


2016年08月22日

サワーから ジャムに変身 二度美味しい

夏の初めに漬けた梅のサワードリンクが美味しく、毎日グイグイ飲んでいましたが、例年より量が少なく夏が終わる前に飲み干してしまいました。
立秋頃だったので、暦の上では夏は終わっていましたが。
その残った梅の実で、梅のジャムを作りました。

少し煮詰め過ぎてしまいましたが、甘酸っぱく好みの味になり美味しい!
ヨーグルトにかけて食べるようにしていますが、ジャムだけで食べても美味しく止まらなくなり危険です。
今年はいつもよりやや単価が高めの梅700gで作ったので、量が少なめになってしまった次第ですが、やはり例年通り1kg以上は欲しいところ。

昨日は上りのロードをジョグしたいと思っていましたが、以前から続く臀部とハムの張りが先週更に増し、そして一昨日崩壊し見送り…。
疲れが溜まっていたのか、昨日はとんでもなく長く寝倒しました。
臀部の相変わらずの不調に、ジョグも控えスイムのみ。
でもスイムのバタ足でも痛み、この痛みが疲労的なものなのか故障なのか判別がつかず、解す為に動かした方が良いのか、安静にした方が良いのか迷いながら、長くは泳ぎませんでした。

今日もスイムのつもりで準備してきましたが、台風が通過しジョグができる状況。
走るべきか否か…。また迷います。





2016年08月14日

本能を カットで練習 全力走

珍しくプールに行きたいと思ったのは、暑さのせいか、臀部やハムの強い張りのせいか。
昨日はジョグをして一泳ぎしました。

先日オリンピックの競泳平泳ぎで金メダルに輝いた彼女の、練習時の様子をテレビで拝見しました。
あまりのキツい練習に
彼女「体が拒否してます」
コーチ「心で動かせ!」
彼女「本能が…」
コーチ「本能をカットしろ!」
彼女「本能カーット!」
と最後はスイッチを入れるように言い、可愛いらしく、でもしっかり練習に立ち向かう姿が印象的でした。

今の戦いを終えた直後から4年後の東京オリンピックを見据える選手、4年後は目指さないと言う選手、今はまだ考えられない、少し休ませてくれと言う選手。
どの言葉も深く重い…。
メダルを取れた選手も、そうでない選手も、きっと心身全てをその競技に注ぎ、魂を投げ打ち、私達の想像を超える厳しい練習をし、計り知れない想いでこの戦いを迎え、そして終えたのだと思います。

4年後に自分は何をしているのか想像するとゾッとしますが、とにかく今は数ヶ月後に目を向け練習練習。
私も本能をカットして、練習ごとに全力投球ならぬ全力走行したいです。
全て出し切った!
レースでそう思える走りができるよう、良い練習を重ねていきたいです。

先日の温泉で飲んだゆずサイダー。
お風呂上がりに美味しい1本でした♪


Profile